埼玉県内でホームページ制作やWEBシステム開発/ポータルサイト制作を行ってます。
Topics

SEO対策でやってはいけない事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SEO対策にはやってはいけない事も多数あります、間違った方法を行うとGoogleの検索結果から外されてしまう事もあります
のでよく理解した上で対策を行っていきましょう!

昔は大量の被リンクを張るなんて事が流行りましたが、現在のGoogleでは不自然であると認識され上位表示されなくなることも

Googleが提示しているSEO対策でやってはいけない事を紹介しておきます。

  1. ウェブサイトやページの内容に、関係のないとようなタイトルをつける
  2. 無題などのまったく意味のないタイトルを付ける
  3. サイト内の多くのページにまったく同じタイトルがつけられている
  4. ユーザビリティを損なうような長いタイトルがつけられている
  5. キーワードを必要以上に多数詰め込んでいる
  6. サイトの内容と関連性のない文章をディスクリプションに記載している
  7. ディスクリプション内が紹介文章ではなく、キーワードの羅列になっている
  8. サイト内の文章そのままを、ディスクリプション内にコピーしている
  9. 同じディスクリプション内容をサイト内の多くのページで使う
  10. URLを無意味もなく長くしている
  11. 必要以上に深い階層にページを多く制作している
  12. コンテンツに関係のないようなディレクトリ名を使用している
  13. サブドメインと、メインドメインから同じページにアクセスをしている
  14. www.を使ったドメインとそうでないドメインのリンクがページ内で混ざっている
  15. URLにローマ字の大文字を活用している
  16. サイト内のリンク構造を複雑にしている
  17. 目的のコンテンツにたどり着くまでに、多くのクリックを必要とする
  18. ドロップダウンメニューや画像リンクなどが多く、テキストリンクがほとんどない
  19. サイトマップが古くリンク切れになっているページがある
  20. サイトマップがただのリンクの羅列で、きちんと整理して表示されていない
  21. 404ページが、インデックス可能な状態になってしまっている
  22. 404ページが、「見つかりません」のような状態を放置している
  23. スペルミスや文法のミスが多く内容が分かりずらい。
  24. ほとんどの文章を画像で表示している為に、テキスト文章がほとんどない
  25. 他の人が作ったコンテンツ内容をそのままコピーして活用している

まずはGoogleのガイドラインに沿ったページを制作する事がSEO対策の始まりです。

SEO対策に効果のあるホームページ制作は当社にお任せ下さい!

関連記事